2019年版 最新メディアコンテンツ ツール・アプリ情報

〜音楽・ムービー〜 最新アプリでスマホ生活をもっと豊かに!

Kindle [iPhone]

Amazonの電子書籍が読める定番書籍リーダー「Kindle」

iPhoneやiPadでKindle本を購入する方法は、たった1つしかありませんブラウザ経由でKindleストアにアクセスして購入するのが唯一の方法です。

機能

電子書籍を無料で試し読み

雑誌、新聞、グラフィックノベル、教科書の高画質表示

フォントサイズ、書体、背景の色など、読書環境をカスタマイズ

画面の明るさとページの色が調整できるため、いつでも快適な読書が可能

X-Ray、Whispersync、フラッシュカードなどの便利な機能

読んでいるページはそのままで、翻訳や定義をすばやく表示

ハイライトの追加とシェア

太字フォントとテキストサイズのオプション機能

特徴

まず、Kindleアプリを起動する。
「ライブラリ」の「すべて」に購入したKindle本が並んでいるので、読みたい本をタップする。
そのiPhoneにダウンロードされていないKindle本だった場合は、ダウンロードが実行される。
もう一度本をタップすると本が開かれて、内容を読むことができる。

画面を左右にスワイプするか、左右の端をタップするとページ送り・戻しとなる。
マンガや雑誌は、ピンチアウト・ピンチインで拡大・元サイズ戻しが可能。
書籍(マンガや雑誌ではない文字の本)は、画面上部をタッチすることでメニューを表示させ、「フォントサイズ変更」の項目で1画面に入る文字数が変更される。
読み終わったら、メニューからライブラリーに戻ればいい。

実際に説明を読むより使ってみるほうが簡単で、使いはじめれば操作にはすぐに慣れる。

まず、Kindleアプリを起動する。
「ライブラリ」の「すべて」に購入したKindle本が並んでいるので、読みたい本をタップする。
そのiPhoneにダウンロードされていないKindle本だった場合は、ダウンロードが実行される。
もう一度本をタップすると本が開かれて、内容を読むことができる。

画面を左右にスワイプするか、左右の端をタップするとページ送り・戻しとなる。
マンガや雑誌は、ピンチアウト・ピンチインで拡大・元サイズ戻しが可能。
書籍(マンガや雑誌ではない文字の本)は、画面上部をタッチすることでメニューを表示させ、「フォントサイズ変更」の項目で1画面に入る文字数が変更される。
読み終わったら、メニューからライブラリーに戻ればいい。

実際に説明を読むより使ってみるほうが簡単で、使いはじめれば操作にはすぐに慣れる。

iPhone・iPadは、パソコンと同じように、ウェブブラウザー(サファリ)を使ってAmazonのサイトからKindle本を購入し、Kindle本を読むときだけアプリを使うということになる。

Kindleは、手元にあるどの端末でもアプリをインストールすれば読むことができる。
アプリが無料なのは当たり前だが、Kindle本の中にも、青空文庫をはじめとして無料で配布されているものがたくさんある。

こんな声も寄せられています

読んでいるところにブックマークをつけられるのはいいのですが、せっかくつけたブックマークがメニューのネストが深く直感的にわかりにくくてアクセスが悪く、結局ブックマークをつけた場所に戻れないのです。

別端末で同期すると、現在のページ位置を無視して読んでいた最後の時間帯に同期しようとしてしまうのは困ります。読んでいる最後のページにデフォルトでは同期してくれると嬉しいです。

販売してしている書籍の量も凄い。人気作はもちろんのこと10年以上も前に絶版してるような漫画も販売されてたりする。kindleストアを閲覧するだけでも、超巨大な本屋にいる感じがしてとても楽しい。レビュー記事ですら没頭してしまう。

自作の.pdfファイルを作り、電子書籍になった時にレイアウトが崩れていないか確認するのですが、Apple StoreでダウンロードできるKindleが一番使いやすいです。外部の.pdfファイルを統合し、電子書籍として読めるばかりではなく、そのレイアウトも崩れることがないので、安心して印刷や電子書籍化にすることが出来ます。

down

コメントする




Optionally add an image (JPEG only)

チャット

音楽アプリ

最近のコメント

    カテゴリー

    人気記事ランキング(週間)